ARUN Newsletter No.35 2014年5月号を発行しました

IMGP0060

このニュースレターでは、ARUNの活動や社会的投資について解説しています。読者は、社会的投資に興味がある方や、カンボジア・インドなど新興国に興味がある方など様々です。「途上国と私たちをつなぐ社会的投資」について一緒に考えていきましょう!
May 2014

In This Issue

<1> 巻頭言 
<2> 連載:パートナーズエッセイ
<3> 連載:社会性評価
<4> 連載:社会的投資がわかる書評コーナー
<5> お知らせ
<6> 編集後記

Sankalpの写真も

Keep Up With Us

Friend on Facebook Facebook
Follow on Twitter Twitter
Sankalp Forum 2014

<1>巻頭言

いつもARUNを応援いただき、ありがとうございます。
ARUN(アルン)は、アジアの現場で奮闘する社会的企業を投資により応援しながら、日本発のグローバルな社会的投資プラットフォーム構築を目指して活動しています。

今日は嬉しいお知らせです。ARUN(アルン)の出資者がついに100人を越えました!
記念すべき100人目は、ARUNの新企画、ソーシャルファイナンス・スクールの一期生。101人目はファンドレイジング協会代表の鵜尾さん、102人目は歴代パートナー最年少、ジュネーブ在住の志高き学生さんです。103人目はおそらくミャンマーから。。。と、さらに多彩にグローバルに広がっています。

4月は、インド、ムンバイで開催された社会起業家フォーラム(サンカルプ)に参加しました。毎年、インド各地から社会起業家と世界中から投資家が集まり、起業家大賞の選出と、社会的投資に関する最先端の議論が行われます。今年の保健分野の起業家大賞は、ARUNの投資先でもある医療ベンチャー、アイキュア社が受賞。無医村地域でのきめ細かいヘルスサービスとIT技術を組み合わせたアプローチとスピード感あふれる事業展開が高く評価されました

5月は、約一年ぶりにミャンマーを訪問、有機農業の推進や、女性のエンパワーメント、マイクロファイナンスなどの事業に取り組む社会起業家に会いました。軍政下での20年間のブランクを必死で埋めようとしている起業家の数がこの一年で急速に増えていることを実感しました。今後の展開がとても楽しみです。

さて、6月は、いよいよソーシャルファイナンス・スクール第三期を開講します。また、初級編を卒業してもっと学びたい方のために中級編の準備も始めました。どうぞふるってご参加ください!

功能聡子

 

<2>連載:パートナーズエッセイ

カンボジア交通事情

ARUNパートナー N.A.

私は仕事でたびたびカンボジアを訪れます。現地の交通事情は日本人の私には驚くことが多いです。

 

<3> 連載:社会性評価

ARUNパートナー津崎たから
更新のインターバルがちょっと空いてしまいましたが、この間の5月初旬にカンボジアの投資先企業3社を訪問し、投資事業の事業面・社会面・環境面のモニタリングを行ってきました。今回はその報告を交えながら、現地で感じた大事な視点についてご紹介したいと思います

<4> 連載:社会的投資がわかる書評コーナー

ARUNパートナー小笹俊一
投資に関する本は、「帯に短くたすきに長い」本が少なくない。大儲けした人が書くと再現性がない自慢話になる一方、頭でっかちで大枠を示すのが精一杯という本も多い。平山賢一さんの新作「勝ち組投資家になりたいなら「統計」を読め! 「人口動態」から読む次世代投資」は、そのどちらにも飽き足らない読者にご満足いただけるボリュームたっぷりの好著だ。

<5>お知らせ

■(1) 第2回日経ソーシャルイニシアチブ大賞「国際部門」ファイナリストに2年連続で選出されました
ソーシャルビジネスの健全な発展と一層の理解促進のため、優れた取り組みを日本経済新聞社が表彰する「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」。その国際部門でARUNがファイナリストに選出されました。受賞には至りませんでしたが、日ごろよりのみなさまのご理解とご声援のたまものと、この場をお借りしてあらためて御礼申し上げます。

■(2)「ソーシャル『インベストメント?』スクール」第3期開講します
あまり大々的にPRしていないのは定員が10名と少ないから、なので完全に意図的なのですが、社会的投資の全貌を体系的に学べる貴重な機会「ソーシャル『インベストメント?』スクール」。3夜連続開講のこの企画、2月の第1期、4月の第2期に続き、第3期を開催します。6月13日(金)、20日(金)、27日(金)の全3回。毎回募集開始後、早々に満席になってしまう企画ですので、お申込みはお早目に!

■(3)  NPO法人「ARUN Seed」主催イベント開催しました
社会的投資の実践をおこなうのがARUN(合同会社)で、その研究活動を支えるのがARUN Seed(NPO法人)なのですが、そのARUN Seedが主催するワークショップ「みんなの会議術」が開催されました。ARUN Seedのメンバーが活動を通じて得た「会議」にまつわる経験ー軽視されがちな会議前・後の技術、議事録やホワイトボードの効果的な活用法などーを共有。紹介したノウハウを、参加者の皆さんとの議論を通じて深め、標語の形で見える化しました。
次回は、ARUN SeedのNPO法人設立イベントを7月15日に行います。詳細は後日発表しますが、素敵なゲストスピーカーとの企画を検討しています。どうぞお楽しみに!

<6>編集後記

上記<5>お知らせの(2)でもお伝えした、「ソーシャル『インベストメント?』スクール」ですが、これまで2回の開催を終え、ご参加いただくみなさまの顔触れがバラエティーに富むことにわくわくしています。社会的投資にまつわる大小のイベントに10年に渡って主催者・受講者として参加してきたARUNディレクターの土谷和之も「ほんの一握りの、マニアにしかアピールしなかったトピックに、こんなにいろんな背景を持った人が興味を持つ時代になったってことなんですねえ……」年寄りか! みたいな感想を述べておりましたが、いや、この感じ、何かがメインストリームに(ついに)行く前夜っぽいですよ?
(K.S.)

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

follow us in feedly