ARUN Newsletter No.26 2013年6月号を発行しました。

man3

このニュースレターでは、ARUNの活動や社会的投資について解説しています。

読者は、社会的投資に興味がある方や、カンボジアに興味がある方など様々です。
「途上国と私たちをつなぐ社会的投資」について一緒に考えていきましょう!
ARUN Newsletter   No.26  2013年6月号
INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1> 巻頭言                                    代表 功能聡子
<2> 投資先は今                        投資チーム
<3> 日経ソーシャルイニシアチブ大賞、表彰式・記念シンポジウムを終えて。
<4> 活動予定
<5> 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1> 巻頭言                    代表 功能聡子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつもARUNを応援いただき、ありがとうございます。
ARUN(アルン)は出資者91人(個人、法人)で構成される合同会社です。カンボジア
の社会的企業を投資により応援しながら、日本発のグローバルな社会的投資プラット
フォーム構築を目指して活動しています。

東京オフィスを移転しました。新オフィスは、ご自身もベンチャー起業家である
ジェフリーさんが運営するシェアオフィスです。ジェフリーさんとは、今年のはじめに
ミャンマーでご一緒して意気投合。目をキラキラさせてビジネスアイディアを話して
くれる起業家に囲まれて、オフィスに通うのが楽しみな理想的な環境です。場所は、
京橋の新しいランドマークとなった、東京スクエアガーデンから徒歩2分、銀座、
有楽町、東京駅も最寄りです。週末には、投資委員会や、ディレクター会なども
開催しています。お近くにお越しの際にはお気軽にお立ち寄りください。

先月から今月にかけて、ARUNのメンバーが英国、オランダ、スイス、米国の
社会的投資機関を訪問しています。各地で感じたのは、経済的なリターンだけを
追求する投資は限界に達し、社会的投資/インパクト投資が世界的な潮流になって
いくだろう、ということです。米国では、2008年にロックフェラー財団主催で開催された
会合を皮切りに、金融機関、財団、研究機関、NPOなどがタグを組んで、新しい
マーケットの創造、格付け機関の創設、評価指標の設定などに取り組んでいます。
そこには、JPモルガンなどの商業的な金融機関も関与し始めています。
また、国内の貧困層向けサービスへの投資と、途上国の起業家への投資の両方を
行っているカルバート財団のようなところもあります。レポートによると、2011年に
実行されたインパクト投資は全世界で2,200件、44億ドルに上るそうです。

日本でも少しづつ変化が始まっています。2009年に10人ではじめたARUNも投資家
として参画してくださる方が91人になりました。社会的投資をはじめたい、という声は
アジアからもアフリカからも聞こえてきます。国内外の意欲ある皆様と協力しながら、
社会的投資の輪を広げていきたいと思います。

月末にはインドとカンボジアに行ってきます!

功能聡子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2> 投資先は今                   投資チーム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ARUNのメンバーは、ほぼ毎週末、会議を開き、既存投資先活動確認や新規投資先の
検討を行っています。そんな投資チームの最新情報を、コンパクトにまとめてお伝えする
「投資先は今」を、今月から毎月、お届けします。今回は、現在検討中の2つの新規投資
案件についてです。

ARUNでは投資先の幅を広げ、カンボジアに加えてインド企業のデューデリジェンスも
進めています。その一つ、I社は、インドの都心-農村間の保健医療の格差を埋めるため、
農村部の一般の人々にも手が届く価格で、良質かつ効率的な保健・医療サービスを提供
している企業です。将来的には、医療現場と患者をつなぐプラットフォームの独自設計・
運用を通じ、インドが世界の保健医療のハブとなることを目指しています。

(続きはブログでどうぞ [http://www.arunllc.jp/blog/?p=693]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<3> 日経ソーシャルイニシアチブ大賞、表彰式・記念シンポジウムを終えて。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この度、ARUNが日本経済新聞社が主催する「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」の一次
審査を通過し、380件以上の応募から国際部門賞のファイナリストとして選ばれました。

そこで、先日行われた日経ソーシャルイニシアチブ大賞の表彰式・記念シンポジウムに
出席させて頂きました。

シンポジウムでは、携帯ゲームで有名なグリー(株)の代表取締役社長田中良和氏や、
ファンドレイジングのサイトを運営する一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン
代表理事、佐藤大吾氏をパネリストに日本のソーシャルビジネスの現状や、ソーシャル
ビジネスの発展の為に企業がどのように関わっていくべきかなどが議論され、充実した
時間を過ごすことが出来ました。

(続きはブログでどうぞ http://goo.gl/48Upb

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<4> 活動予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
① 本社を移転しました

ARUN合同会社/一般社団法人ARUN LABは、ちよだプラットフォームスクエアから、
下記住所に移転いたしました。

新オフィスは銀座にほど近く、東京駅からも徒歩圏内と立地がよく、起業家活動や
育成に熱心な経営者が集う拠点になっています。お近くへいらした際はぜひお気軽に
足をお運び下さい。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

新住所: 〒104-0028 東京都中央区八重洲2-11-7一新ビル8F

http://goo.gl/ME0rB

② カンボジア事務所を移転しました

新住所: Building N 126, Norodom Blvd, Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkarmorn,
Phnom Penh, Cambodia

③ 人材募集

ARUNの新規事業開拓、戦略広報マーケティングを担う人材を募集しています。
詳しくは、弊社ホームページをご覧ください。

http://www.arunllc.jp/join/recruitment

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5> 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミドリムシから食品を生産、ジェット燃料の研究開発を行うユーグレナの株価が年初から
約10倍になった。大学時に訪れたバングラデシュで栄養失調に苦しむ子供たちを前に飢餓
問題を解決したいと創業した出雲充社長の本を読んでみると彼も社会起業家と呼ばれる
ジャンルに入るのだろう。ユーグレナが成功するかどうかはまだまだわからないが、
志がテクノロジーと結びつくと大きなブレイクスルーが生まれる可能性があることを、
この事例は教えてくれる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ARUN Newsletter No.26 2013年6月号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】  ARUN合同会社(ARUN,LLC.)
【編集】  広報チーム  pr@arunllc.jp
【WEB】  www.arunllc.com
——————————————————————————–
【ご意見・ご質問】
以下のARUNサイトの問い合わせフォームよりお送り下さい。
【配信解除】以下のARUNサイトの問い合わせフォームに「配信停止希望」とお送り下さい。
http://www.arunllc.com/
——————————————————————————–

==============================================

 


2017年8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

follow us in feedly