ARUN Newsletter No.12 2012年3月号を発行しました。

flower

このニュースレターでは、ARUNの活動や社会的投資について解説しています。
読者は、社会的投資に興味がある方や、カンボジアに興味がある方など様々です。
「途上国と私たちをつなぐ社会的投資」について一緒に考えていきましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ARUN Newsletter No.12 2012年3月号 (3月26日発行)

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1> 巻頭言                                    代表 功能聡子
<2> JICAプロジェクト中間報告             パートナー会より
<3> 山田養蜂場 訪問記                               小野パートナー
<4> ARUN CAFE始めました!
<5> パートナーズ・エッセー               上田パートナー
<6> スーパーマンになれないけどARUNでインターンしてみる  浜田太郎さん
<7> フロム・ナウに功能代表のエッセー連載中です
<8> 今後の予定
<9> 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<1> 巻頭言                      代表 功能聡子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもARUNを応援いただき、ありがとうございます。

ARUN(アルン)は出資者77人(個人、法人)で構成される合同会社です。
カンボジアの社会的企業を投資により応援しながら、日本発のグローバルな社会的投資
プラットフォーム構築を目指して活動しています。

12月から4月はカンボジアでは乾季にあたり、日に日に気温も上がり暑さが増す季節。
同時に結婚式シーズンでもあります。先日、ARUNの現地事務所を取り仕切るマネージャー、
サムライ君の結婚式がありました。カンボジアの伝統的な婚礼儀式を新婦の家で二日間に
渡り行い、二日目の夕刻から結婚式場で披露宴を行うというもの。たくさんの親戚や友達に
囲まれて本当に幸せそうな新郎新婦の笑顔に、私まで幸せな気持ちになりました。新婦は
外資系企業のマーケティング部門勤務で、結婚後も仕事を続けるとのこと。これからのサム
ライ君の活躍がますます楽しみです。

今月はもう一組、素敵なカンボジア人カップルに会いました。夫婦共に日本に留学し法学
博士号を取得。現在は妻は弁護士として、夫はカンボジア政府の中枢で働いています。
長年の日本の支援により実現したカンボジアの民法起草プロジェクトにも関わっていたという
二人。穏やかな物腰の中に知性とゆるぎない自信が感じられます。

東京のARUNオフィスにも仲間が増えました。3月に高校を卒業し、大学に入学する9月まで
の期間(ギャップターム)を利用してARUNにインターンに来てくれた浜田さんです。インターン
開始から1か月、新鮮な気づきの数々に私たちも大いに刺激を受けています。エッセイもぜひ
ご覧ください。

日本においても途上国においても、将来を担う人材を育てる場、共に切磋琢磨する場を創って
いきたいと願っています。皆様もぜひARUN / ARUN LABにご参加ください。

功能聡子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<2> JICAプロジェクト中間報告             パートナー会より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年2月のパートナー会メインテーマは、ARUNが2011年3月JICAさんより受託中のBOP
ビジネス協力準備調査プロジェクトの中間報告。国境を超えた調査が始まって約1年たった。
カンボジアと日本を頻繁に行き来している小野パートナー、フランス在住の西岡パートナー、
タイ在住の日下部パートナーがスカイプも駆使してJICAのBOPプロジェクトの進捗状況を報告
した。
(続きはこちらから:http://sifc.seesaa.net/archives/20120205-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<3>  山田養蜂場 訪問記                                小野パートナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JICAプロジェクトを進めている小野パートナーによる、プロジェクトでお世話になっている岡山
県の山田養蜂場訪問記をお届けします。

「日帰りで岡山県へ足を延ばしてきました。日本の大手はちみつ会社である山田養蜂場さん
をお訪ねし、見学させて頂いてきました。ARUNもカンボジアのワイルドハニー事業に2009年
より投資をしています。
東京から、新幹線と在来線で揺れること片道5時間。あたりをよく知るパートナーさんより冬は
雪が深くなることも多く車ならスタッドレスでと聞いて恐ろしくなり、電車で伺ったのですが
岡山駅から在来線の「ことぶき号」に乗る頃には陽もさしてきてお天気に。…
(続きはこちらから:http://sifc.seesaa.net/article/253933748.html )」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<4> ARUN CAFE始めました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年からARUNが始めた双方向イベント:ARUN CAFEのリポートをお届けします。
CAFEスタイルのイベントのルーツはワールドカフェ方式といわれ、参加者それぞれが
リラックスした空間で議論を深めることで創造的なアイデアを生み出そうというARUNの新しい
形式のイベントです。4月第3木曜日(4月19日)にもARUN CAFEを開催予定です。
ぜひご参加ください!

2月に開催されたARUN CAFEのリポートをパートナーが寄稿してくれました。当日交わ
された議論の様子をご紹介します。
(続きはこちらから:http://sifc.seesaa.net/archives/201202-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<5> パートナーズ・エッセー              上田パートナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国際協力、金融などいろんな分野の人がパートナーとして参加しており、他業種の方々の考
え方を勉強できることがARUNの魅力のひとつです。パートナーが思いをつづる「パートナーズ・
エッセー」、今回は2012年に参加した上田パートナーの登場です。

「学生の頃、インドで社会開発を行うNGOに2か月間、インターンをしたことがあります。貧しい
インドの村落開発に貢献したい!と熱い思いを胸に意気揚々と現場に飛び込みましたが、実
際に現地で感じたのは、ただただ自分に対する無力感でした。 …
(続きはこちらから:http://sifc.seesaa.net/article/255292272.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<6> スーパーマンじゃないけどARUNでインターンしてみる  浜田太郎さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この春、ギャップイヤー制度を活用し、高校生の浜田太郎さんがARUNで半年間のインターン
をしてくれることになりました。日本でもまだ珍しいギャップイヤー制度について、とても面白い
エッセーを発表しています。以下に一部をご紹介します。

「私の社会体験活動は “社会的投資ファンド”でのインターン国際教養大学では受験の際に、
半年のギャップイヤー期間の活動計画を出すことが義務付けられています。選考過程にもその
計画書の審査があります。私は、中高でお世話になったアフガニスタンから来た先生の影響を
受け、国際協力の舞台に立つということを将来の夢として考えていました。

そんな中、父の紹介で発展途上国で事業展開するARUNという社会的投資ファンドを知りまし
た。ARUNは従来の投資のように高いリターンを求めるのではなく、社会問題を解決することを
目的とし、日本で投資家を募り発展途上国の中小企業をターゲットに投資しております。ボラン
ティアに懐疑的で、新しい国際協力の方法が必要だと考えていたので、まさにARUNは人生を
変えるような企業です。そこでARUNの代表の方にお会いし、受験する前に何度もメールで連絡
を取り合い、最終的にはインターン生として受け入れていただけることになりました。…」
(全文はこちらから:http://japangap.jp/essay/2012/02/post-13.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<7> フロム・ナウに功能代表のエッセー連載中です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大人のための生き方マガジン「フロム・ナウ」で代表、功能の連載が始まっております。
先日掲載された第2回では「私が途上国で働きたいと思うようになったのは、長年ネパールで
医療活動をされた日本人医師岩村昇先生との出会いがきっかけでした」と、現在に至った
ルーツを語る功能代表の履歴書をご堪能ください。
(続きはこちらから:http://www.from-n.jp/life/satoko_kono/kono01/271/1/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<8> 今後の予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月19日(木) 第3回 ARUN CAFÉ を開催します。
より詳細のご案内についても追ってウェブにアップいたします。
ぜひお運びください!
場所:ちよだプラットフォームスクウェア 千代田区神田錦町3-21
http://yamori.jp/
時間:19:00-21:00 (終了後に懇親会の開催を予定しています)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<9> 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

功能が国際基督教大学(ICU)『学報』にもとりあげられております。「卒業生は今」。
一部ご紹介します。

途上国の社会起業家を「援助」ではなく、「社会的投資」という形で支えていきたい、という
思いでARUN合同会社を立ち上げた功能聡子さん。
掲げているミッションは、「地球上のどこに生まれた人もひとりひとりの才能を発揮できる社会」
だ。ICUで学んだことは、学問を通じ、自分の中で一番楽しいものを見つけ、その中で自分が
貢献できるものは何かを探ること、だという。
(全文はこちらでどうぞ:http://www.icu.ac.jp/info/bn/No29.pdf

手前味噌ですが、何か創業者には人を惹きつけるものがあるのでしょう。皆様も、ぜひ勉強会
などで、功能と直接接してみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ARUN Newsletter No.12 2012年3月号 (3月26日発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行】  ARUN合同会社(ARUN,LLC.)
【編集】  広報チーム
【WEB】  www.arunllc.com
—————————————————————————-


2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

follow us in feedly