3月23日(火) 世界銀行情報センター(PIC東京)JICA地球ひろば共催 トークサロン第13回

seminar3

3月23日に世界銀行情報センターとJICAの共催で行われるトークサロンでARUN代表の功能がスピーカーとして参加させていただきます!
もう一人のスピーカーの鵜尾さんも、日本初のファンド・レイジング専門のコンサルティング会社をされている、非常に興味深いお方。
直前のお知らせで申し訳ありませんが、ご興味のある方は下記をお読みになり、お申込みをお願いします。
======================
意思あるお金で社会を変える!?~寄付&社会的投資~
JICA地球ひろば、世界銀行情報センター(PIC東京)共催 トークサロン第13回
「寄付」と言えば、団体への寄付や、街かどの募金箱を思い出されるでしょうか?
恵まれない人のために、あるいはよりよい社会のために寄付を行う方が多いと思いますが、現在は、寄付にも色々な形があります。そして、さらに、投資という形で、よりよい社会への実現に貢献する方法もあります。私たちのお金で、開かれる可能性は無限大。
今回のトークサロンでは、一般の人から「意思あるお金」を拠出してもらい、社会的な課題に解決していく新しい仕組みづくりに取り組んでいる方々のお話を伺います。どうぞお楽しみに!
お話
「カンボジア社会起業家への投資」 功能 聡子さん(ARUN合同会社代表)
NGO、 JICA、世界銀行などの業務を通して、長年にわたりカンボジアの復興・開発支援に携わる。2009年12月、日本の個人・企業からの出資金を原資とし、途上国の社会起業家に対する投資の仕組みを作るため、ARUN合同会社を設立。カンボジアにおける自立的なビジネスによる貧困問題の解決に挑戦されています。
「日本の寄付文化と可能性」 鵜尾 雅隆さん (株式会社FUNDREX代表)
日本で寄付金を集めるのは難しい、そんな悩みを持つNPOや公益法人を対象に、日本社会に善意の資金循環を起こすことを目的として、ファンドレイジングのためのコンサルティング会社を立ち上げる。米国NPO、外務省、JICAなどに勤務した後、アメリカ在住中にCertificate on Fundraising Managementを取得するなど、豊富な経験を活かして活躍中。2009年2月、日本ファンドレイジング協会を設立、常務理事に就任。
日時
2010年3月23日(火) 午後7時00分~午後8時30分
場所
世界銀行情報センター(PIC東京)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階
地下鉄三田線内幸町駅直結、日比谷線・千代田線・丸の内線霞ヶ関駅C3出口
お問合せ
世界銀行情報センター(PIC東京) E-mail: ptokyo@worldbank.org  Tel:03-3597-6650
お申込み
世界銀行東京事務所ウェブサイト にてオンライン登録、または、お名前、ご所属、ご連絡先を「3月23日トークサロン参加希望」と明記の上、Eメール (ptokyo@worldbank.org )またはFAX(03-3597-6695)にてお申し込みください。 参加費は無料(コーヒー付き)、使用言語は日本語です。
トークサロンについて
JICA 地球ひろばと世界銀行情報センター(PIC東京)は、海外や日本における課題の解決のために活躍するNPO/NGO、政府、国際機関、企業、専門家、研究者などから話を聞くトークサロンを行っています。基本コンセプトは国内×海外、そして公益×民間。毎回2名程度のゲストを迎え、国内と海外の課題を並べて議論したり、国内で活躍する企業と海外で活躍するNGOの連携例を紹介しています。過去のセッションはこちらをご覧ください。
関連リンク
JICA地球ひろば
JICA地球ひろばは、広尾にあるJICAの国内センターの一つ。途上国の人々への共感と連帯感を育む場となり、国際協力に関わる市民団体の情報発信や交流、研修の拠点となることを目指しています。体験ゾーンでは触って楽しめる展示と案内人の解説により開発課題を紹介します(修学旅行やグループ訪問も対応可)。通常開館は火曜~日曜 午前10時から午後8時まで(土日祝は午後6時まで)です。
世界銀行情報センター(PIC東京)
東京・内幸町の富国生命ビル1階(ロビー)にある世界銀行の情報発信拠点。世界銀行の報告書・資料の閲覧・貸出、世界銀行に関するお問合せ対応、途上国や開発課題について学ぶことができるイベントやパネル展の開催、修学旅行やグループ訪問の受け入れなどを行っています。通常開館は月曜~金曜日午前10時から午後6時までです。

2020年2月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

follow us in feedly