【開催レポート】ソーシャル・インベストメント・スクール

DSC_043

ソーシャル・インベストメント・スクール
3月28日 開催レポート

 

ARUN主催のソーシャル・インベストメント・スクールでは、世界の情勢や日本の状況、また、ARUNの実践事例を交えながらお伝えする講座です。金融は、産業を盛んにし、人や情報の流れを活発にし、社会情勢にも影響を及ぼす役割を担っていますが、近年、ソーシャル・ファイナンスという流れが起こっているところから、講座の内容はスタートしました。

 

そうしたファイナンスの潮流の一つがインパクトインベストメント・社会的投資です。ARUNは、これまで銀行からはなかなか借りられないような企業に投資をしてきましたが、そうした事例を題材にしながら、ソーシャルビジネスをどのように捉えるか、投資という以上、ファイナンシャルリターンをどのように位置づけるのか、社会性評価の妥当性や使い方はどのように考えていくのか、参加者からの質問から意見交換へと広がっていきました。

 

社会的投資に関して、定義や手法が確立されているわけではない分、世界の各団体でもスタンスに差があります。一方で、インパクトインベストメントの市場は確実に広がっているというデータがロックフェラー財団やJ.P.モルガンのレポートにもあがっており、世界の加速する動きには注目したいところです。今週はインドでSankalp Forumというイベントも大々的に開かれています。そうした最新情勢も今後のスクールでは紹介していく予定です。

 

2018年11月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

follow us in feedly